farminthecity.org > 税理士 > 試験の概要

税理士試験の概要

税理士試験では、必須科目と選択必須科目、選択科目の中で5科目を合格ラインに入らなければなりません。
ここでは、その税理士試験の科目についての解説をしています。

 

 

★税理士試験の必須科目について

 

税理士試験の必須科目には、「簿記論」と「財務諸表論」の2つがあります。
この2つの科目は必ず合格しなければいけません。

 

また、選択必須科目で「所得税法」と「法人税法」の2つがあり、この科目はどちらか一つを必ず選択しなければなりません。
残り2科目は「相続税法」「固定資産税法」「消費税法」「酒税法」「国税徴収法」「事業税法」「住民税」の中から2つを選択します。

 

 

★科目合格制とは?

 

税理士試験は科目合格制を採用しています。
科目合格制とは、合格した科目については、次の年に試験を受けなくていいということです。

 

つまり、1科目合格すれば、残り4科目合格すれば税理士の資格を取ることが出来ます。
税理士試験は、専門的な分野も多く大変難関な試験ですが、科目合格制であることが唯一の光です。

 

1年ごとに決めた科目を集中的に勉強していけば、とることができる資格だとも言えます。
あきらめずに計画的に猛勉強していき、この難関国家資格をぜひ取得しましょう!

便利なサイト

相続税の申告、相続財産の名義変更、遺言の作成のご相談はSBC相続サポートセンター大阪にお任せください。
相続税のご相談

 

インプラント治療のおすすめ医院
一人一人に合った治療方法を皆様にご提案させていただき、納得のいく治療ということに関しましては、確実に取り組んでまいりますので、どうぞリラックスしてお越しください。