farminthecity.org > その他 > 会社設立 渋谷★

会社設立 渋谷★

新たに事業を開始される方のうち、その拠点を慣れ親しんだ地元ではなく都市部に置かれる方は、皆さん「どこに事務所・店舗を借りるか?」というお悩みがあるようです。

 

例えば東京で会社設立される場合に、例えば「東京都渋谷区で事業を始める」と決めても、その中でも細かく地域分けをすると、
土地柄や集まる人の層にも違いがあります。ですので更に細かい地域設定が必要です。「会社設立をしよう!」「東京〇〇区で事務所・店舗を借りよう!」

 

ここまでは案外スムーズに進んでいくものですが、実際に区内のどこの地域に事務所を借りるかまでは、なかなか決定し難いものです。

 

そこで、土地勘がない方向けのひとつの判断基準として、用途地域があります。おちろん実際に事務所を決定するときには内覧なども必要ですが、地域決定の入口としては最適です。

 

用途地域とは、都市開発計画の上で「ここは住宅地」「ここは商店街」「ここは高層ビル街」といったような区分のことを言います。

 

この用途地域によって、その対象地域が物理的に事務所を構えるのに適しているのかどうかがわかります。
例えば渋谷区で言うと、鶯谷町はほとんどの番地が住宅専用地域となっており、宇田川町はほとんどの番地が商業地域となっています。

 

このような情報から、事務所や店舗を構える際には鶯谷町より宇田川町が合っている、というような判断ができます。