farminthecity.org > カーフィルム > カーフィルムの気泡

カーフィルムの気泡

カーフィルムを自分で貼り付ける時に注意したいのは、
ゴミや気泡が入らないようにすることです。

 

カーフィルムにゴミや気泡が入るのは、窓ガラスの掃除がきちんとできていないからか、
ほこりが飛んできやすい場所で作業したかのどちらかです。

 

風の来ないガレージがあれば最高ですが、なければ、風除けをつくって作業しましょう。

 

カーフィルムを綺麗に貼り付けるコツは、ヘラを上手に使うことです。
施工液を拭きかけながら、ヘラを使って中に入った気泡と施工液を抜いていきます。

 

また、フィルムを少しずつ貼り付けるのもコツのひとつです。
一気に貼り付けようとすると、絶対にうまくいきません。

 

あせらず根気良く作業を行いましょう。

 

また、長年の油分の汚れは一度洗ったとしてもなかなか完璧には落ちません。
何度も窓ガラスを洗浄するのをお勧めします。

 

サイドガラスや三角クォータには、ゴムの部分にゴミが詰まっていることが多いので、ここも丁寧に掃除しましょう。

 

 

カーフィルムを業者にお願いしたら、このような手間は省けますが、業者によってはへたくそなところもあると聞きます。

 

高いお金を払って失敗されたんじゃたまりませんよね!?
ですから、業者にお願いする時は、必ず評判を友達とかに聞いてから車を預けるようにしましょう。

おすすめLINK